スポンサーリンク

【クロスバイク】スプロケット・クランク・BBを交換する方法

こんにちは、30代後半サラリーマンです。

クロスバイクのスプロケット・クランク・BBを交換しました。

一時期野晒しで保管していた事もあり、錆なんかも見られるので交換しました。

交換手順からパーツ、工具選びをまとめましたので紹介します。

スプロケットの交換

まずは簡単そうなスプロケットの交換から始めてみました。

タイヤをフレームから取り外し、スプロケットを固定する工具(スプロケットリムーバーと呼ぶらしいです)をスプロケットに巻きつけます。

その後、ロックリング取り外し工具を設置します。

失敗①モンキーレンチの幅不足

ここで、いざモンキレンチで工具を回そうとロックリング取り外し工具に噛ませようとしますが、幅が足りない事に気がつきます。

モンキーレンチは持っているもので大丈夫だろうと寸法を調べてませんでした。

色々と他の工具を探しますが代用できるものがないので、ホームセンターにモンキレンチを買いに行くことにしました。

しかも、今バラしていた自転車を組み直して、、です。(少し遠いので自転車に乗って買ってきました。)

スプロケットの交換(再チャレンジ)

気を取り直して再度工具を取り付け、ワイドモンキーレンチでロックリングを左回しで外していきます。

簡単に外れ、こんな感じでバラすことが出来ました。この時の力具合を覚えておきます。

外せましたらここに新しいスプロケットを取り付けていきます。取付は逆の手順で行っていきます。

最後にモンキースパナで締め付けて行きますが、30N-mで締め付け等々書いてありますが、覚えていた力加減で回して完成です。

クランクの取り外し

クランク交換のため、クランクを取り外していきます。

今回交換していくクランクはコッタレスクランクといって世の中の自転車の中で1番ポピュラーなクランクです。

その中でもクランクボルトは六角穴タイプのものです。

クランク取り外しの時は下記ページを参考にしました。

自転車の事が何でもわかる情報サイト -ちゃりすき-
「ちゃりすき」は、自転車本体や自転車部品の購入から、修理、メンテナンス、カスタマイズなど、初心者から上級者までが楽しめて役に立つ情報サイトです。

クランクボルトを外していくため、六角を探してボルトを回して外そうとしますが中々合うサイズの六角が見つかりません。

失敗②クランクキャップ取り外しレンチが無い

どうやら8mmの六角レンチが必要で、自分の家には8mmの六角レンチはありませんでした。

百均を探したのですが、百均でも中々8mmの六角レンチありませんでした。

そこで必要最低限の金額で品質もよさそうな物をamazonで購入、届くのを待つことにしてこの日は作業完了です。

TRUSCO 六角棒レンチ(ロングタイプ)8.0mm

https://amzn.to/3NJwD0C

実寸して8mmというのを調べてから購入したのですが、実際にフィットするかどうかは分かりません。

後日六角レンチが届き、クランクボルトを外しましたが問題なく外れまずは一安心です。

コッタレス抜きでコッタレスを抜く

続けてコッタレス抜きを実施していきます。

コッタレス抜きってなんだろう?と最初は思っていました。

1番ポピュラーなクランクでコッタレスクランクはBBの四角い軸に四角穴のクランクが差し込まれています。

これをこの工具で押し出して抜き出してあげるのです。

まずはクランクに工具を嵌め込みある程度締め込みます。この時にもう片方のネジは突き出さない状態にして回しません。

その後、もう片方のねじを時計回しに回していきます。

するとBBの軸に工具があたり、クランクを引き抜く形で圧がかかり徐々にクランクが外側に出てきて抜けます。

途中固いところがありますが、恐る恐るやっていると抜けました。

右側のクランク側からやりましたが、一度仕組みを理解すれば左側は楽勝です。

失敗③ボトムブラケットの交換工具の再購入

最後にBB取り外し工具を用いてBBを外していきます。

最初は安い工具セットで、BB取り外し工具をモンキーレンチで回すタイプのものですととてもやりづらいです。

BBに彫られた浅い溝から抜けないように工具を押し付けながらモンキーレンチを回さないといけません。

固くてCRCも吹きかけ、手で工具を固定しながら足で体重をかけて回しましたりしましたが上手く力がかからず、結局回すことができませんでした。

調べてみると、BBのネジ穴を使ってBBと工具をネジで固定して抜けないようにして力をかけることのできる工具がありました。

固着したスクエアテーパーBBの外し方!確実に外したい方へ | 週末サイクリング部

こちらのこの工具を買うことにし、今日も作業はここで終了し工具到着を待ちます。

BBリムーバー プルスター BTL-20L EX-L 102278

工具到着まで日数があるので、念のためCRCもよく吹きかけておきます。

新しいクランク取り付け(仮)

BB取り外し工具が届くまでは、新しいクランクをいったん取り付けて自転車を使えるようにしておきます。

新しいクランクは新しいBBに合わせて購入しているので、古いBBに新しいクランクを取り付けするとチェーンラインがずれてしまうのではないかと思います。

実際フロントギアの1番低いところまでギアチェンジしてもチェーンが移動しませんでした。

しかし普段使いする分には特段問題は無さそうですのでこの状態で使えるようにし、工具の到着を待ちます。

ボトムブラケットの交換(再チャレンジ)

頼んでいたBB取り外し工具が届きましたのでBB取り外しのリベンジを行います。

右側から外していきます。右側は逆ネジなので時計回りで緩めていきます。

こんな感じでしっかりと固定でき力を込めてもネジ穴から工具が外れないのでうまく力を加えられます。

続いて左側も外します。左側は反時計回りで外していきます。

少し固いですが足で踏んでも全然OKです。事前にCRCを吹きかけていたのも効果あったのか簡単に外れました。

BBを取り外すとこんな感じです。意外と綺麗でグリスもまだ残っていました。

新しいBBを取り付けていきます。

クランクを取り付ける軸にグリスを塗って奥まで入っていくようにします。

軸にグリスを塗った写真を撮り忘れてしまいましたがこちらの軸に塗っていきます。

クランクを取り付け、クランクキャップレンチで締めていきますが、もともとのクランク位置まで入りません。

恐らく既存BBの軸長よりも長いものを選んでしまったため隙間が出来てしまったと思います。

ただチェーンラインは既存のBB・クランクと互換性があるものを選んだので実際乗ってみたところギアチェンジして問題なかったので隙間は問題なさそうでした。

購入パーツ紹介

今回購入したパーツの紹介です。

シマノ  FC-M311 EFCM311C888CL ACERA   ALTUS

シマノ  BB-UN300 EBBUN300B23X ALTUS

シマノ スプロケット CS-HG31-8 11-30T SHIMANO

シマノ PREMIUM GREASE 100g プレミアムグリス 100g SHIMANO

購入工具の紹介

購入した工具の紹介です。

工具セット

Bitly

チェーンを固定する工具、ロックリング取り外し、コッタレス抜き、BB外し、六角スパナ

BBリムーバー プルスター BTL-20L EX-L 102278

シマノ LOCK RING TOOL ロックリング締付け工具 TL-LR15 Y12009230

今回クランク等交換した自転車

ルイガノシャッセ2014

LOUIS GARNEAU / ルイガノ製品紹介 / LGS-CHASSE

既存 BB:CARTRIDGE CR-MO 113mm (68mm)

既存クランク: FSA DYNA DRIVE TREKKING 48X38X28T (170mm)

既存スプロケット: SHIMANO CS-HG31 11-32T 8SPD

なお、同じ車種で下記ページの記事も参考にしました。

404 NOT FOUND | ロードバイクが欲しい!初心者向けナビ
これからロードバイクを始めるビギナーに、ロードバイクの選び方から解説

クランク等選び方の参考ページ

ボトムブラケットの種類、チェーンライン、シマノBB・クランクの互換性についての参考ページです。こちらも参考ください。

ボトムブラケットの種類 | 自転車・パーツの使い方・選び方 | サイクルベースあさひ

Easy Innovation Zone
Windows・Androidアプリのインストールと使い方 や Windowsのセットアップ方法などを紹介。
ボトムブラケットアダプターチャート | Circles / サークルズ
   クランクスピンドル/BBシェル イングリッシュ イタリアン BB30 PF30 BB86/92 BB90/95 B…
とFCの互換性.pdf

コメント