スポンサーリンク

【株式投資】株で失敗せずに小遣い稼ぎできた方法(継続して稼ぐことは厳しそう)

こんにちは、30代後半サラリーマンです

今回は時間も知識も資金も無いけど、株式投資で失敗せずに小遣い稼ぎをする方法を書いていきたいと思います。

株式を勉強する時間は無く、大きく儲けたいわけでもないけど資産運用の一つとして少しずつ取り組み始めました。

運用の結果約9万円の売却益が出ました。評価損益額が約−2万円なので現状7万円の利益です。

手間をかけず時間をかけずの株式運用の仕方と今後の方針を紹介していきます。

新しく株式投資を始めたいけどどのように進めたら良いか分からない、証券口座を作ったけど何をすれば良いか分からないという方の参考になればと思います。

資金確保の考え方

株式投資の資金は多い方がもちろん利益も大きくなりますが、その分リスクも大きくなります。

資金確保の考え方は毎月少しずつ、小さく投資して長期保有するという考え方です。

生活に影響しない金額で始める

生活費や貯蓄とは別で生活に影響のない範囲の金額で始めます。

生活がかかった金額で始めてしまうと取り戻さなければならない、すぐに現金化しなければならない、となり損していても売却しなければいけない状況となります。

ですので長期運用を前提として生活に影響しない資金を使っての運用を行います。

毎月少額を投資に回す

毎月ちょっとずつ投資用資金を確保しました。具体的には毎月1万円を確保しました。これくらいであれば全然苦にならず、1年で12万円確保できます。

ボーナスの一部を投資に回す

またボーナスの一部も投資用資金に回します。ボーナスの際10万円を確保しました。

ボーナスは2回あり、毎月の資金と合わせると年間で32万円となります。

無理ない金額を確保することが大切です。

株運用の仕方

株式購入後の運用の仕方です。毎日株価は確認しますが基本的にはほったらかしです。

1週間1回程度は売り買いの注文する程度です。

日経平均は気にするものの基本的には下がったら買う、上がったら売るの繰り返しです。

購入を始めての1年は保有するのみ

株式資金を集めながらの購入になるのでたくさんは株式を買えず、そのため売ることもほとんどありません。

購入を始めて1年は株主優待を受けたり配当金を受け取るのみです。

株価の上下を気にしない

株価が上がっても喜び過ぎず、下がっても悲しみ過ぎず、買ったり売ったりを急ぎません。

2年目から売買をしてみる

ある程度資金ができたら比較的安くなってそうな株を買ったり、同じ株でも金額下がったら買い足したり、高くなれば売ってそのお金で別の株を買ったりしてみました。

やってみるとやはり金額上がれば喜んでしまうし、下がれば悔しく感じます。

ですのであまり深入りし過ぎないようにしました。

売買する基準を決める

株価が割安の時に買い、株価ぎ割高の時に売るを繰り返します。基準を決めその通りに売買を繰り返します。

具体的には5,000円を超える売却益のときに株を売り、買うときは下降の状況を見ながら少しずつ買います。

下降時は少し買い、さらに下がるようであればさらに買い、上がるようであれば売ります。

ドルコスト平均法やナンピン買いの方法をイメージしながらの売買をしますが、どちらも株価が下がったまま戻ってこなかったり倒産したりというリスクがあります。

そのため将来性のある事業を行なっていたり、そういった事業にシフトしている、または経営状況の良い企業の株を選びます。

株の選び方

私の株の選び方です。主に4つの側面から探しますが、別々に考慮するのでなく重ねてみたりして選びます。

株主優待のあるもの

株価が下がっても保有し続ける事でメリットがあるので株主優待のあるものから選びます。

ヤマダ電機、キムラタン、山喜が一単元の株価も安くて買いやすく、株あたりの優待券額が大きくコスパが良いです。

将来性のある企業の株

現在コロナ禍では通信系企業やオンライン系企業の売上が伸びているように需要のある企業や将来性のある企業の株を選びます。

安いうちに伸びる企業の株を買うことができればというところですがそれが分かればというところと、分かるような企業であれば競争が激しいですね。なかなか難しいところです。

次場企業の株

在住中の北海道を応援する意味を込めて北海道企業の株を買ったりしています。飲食店や食品関係だとその商品を買ったりと愛着が湧いてきます。

下がっている企業の株

証券会社アプリの検索機能でチャート形状検索を使います。私は楽天証券を使っていますがSBI証券などでもチャート形状検索はあるようです。

このチャート形状検索で「下げとまった」という検索から企業検索を行います。必ずその後上がるというわけでも無いのであくまで参考にという程度です。

運用結果

運用結果と感想です。今後の方向性をどのようにしていくか悩み中ですが日経平均を見ながらもう少し株式投資を続けてみたいと思います。

運用利回り11%達成

投資額が約60万円、現時点での資産額が約67万円で運用損益が7万円、7÷60×100=11.66….で11%の運用利回り達成です。

毎月少しずつ投資額を増やしていて本来は時間を考慮して年間での平均投資額に修正(修正ディーツ法というらしいです)した方が正確みたいですが、分かりやすさを優先しました。

これに株主優待や配当金を考慮すると14〜15%程度でしょうか。もっと株式投資を勉強していれば20%以上の利回りもできたかもしれません。

上昇トレンドの時は良いけど、、

結果としては運用利回り11%で一見問題なく成績を残しているように見えます。

しかし日経平均の上昇トレンドを考慮するともっと運用利回りをあげておくべきではないかということを感じました。

こういう上昇トレンドの時に投資額を増やしたり、信用取引を行い利益をあげ売り抜けるべきなんだろうなと肌感覚で感じました。

それが個別株式でリスクをとって利益をあげる方法なのだと。

それでもって下降する際はどんどん含み損が膨らんでいくのでいつまでも株を持っているのは資産を増やす上ではリスクが大きいというのをつくづく感じました。

株主優待か配当利益目的へ

今後株式投資を続けてみようとは思うものの勉強する時間を株式ではなくもっと別の事に使いたいと考えています。

そのため、毎月の積み立て投資は続け多少の売買はしつつ株主優待や配当金の高い銘柄を切り替えて行きます。

株主優待や配当金をもらう事にシフトし、余裕のある時に売買して小銭を稼ぎます。

投資も投資信託や不動産へ

個別株も持ち続けるということは大きなリスクを抱え続けることになります。

そのためもう少しリスクをとりながら年齢を考慮してインデックス投資や不動産投資に切り替えていくことになるかと思います。

まとめ

手間をかけずに時間もかけず失敗しないで小遣い稼ぎ程度に行なってきた株式運用の仕方を紹介してきました。

今後も無理しない範囲で株式投資を行なっていきたいと思いますが株主優待などを楽しみつつ、ゆくゆくは投資信託や不動産へシフトを意識していきたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント